通知

【お知らせ】山形県初の失語症カフェ開催がNHKやまがたで紹介されました

一般社団法人山形県言語聴覚士会が12月1日に、山形県としては初となる失語症カフェを開催した内容が、NHKやまがたで紹介されました。

以下のリンク先より記事がご覧いただけます。(別ウインドウ)
https://www3.nhk.or.jp/lnews/yamagata/20191201/6020005467.html

「NHKやまがた ニュースweb」で検索し、HPに入り、「過去1週間分のニュース」から失語症カフェのタイトルを選んで頂く方法もあります。

訪問リハビリテーション通信「絆」第66号

訪問リハビリテーション通信「絆」第66号が公開されました。

ぜひお読みください。

訪問リハビリテーション通信「絆第66号」

訪問リハビリテーション通信「絆」第65号

訪問リハビリテーション通信「絆」第65号が公開されました。

ぜひお読みください。

訪問リハビリテーション通信「絆第65号」

未来みやざき子育て応援フェスティバル2019

当会も参加いたしますので、ぜひご来場ください。

日時

2019年11月9日(土)・10日(日) 10:00〜16:00

会場

宮交シティ 紫陽花ホール・ガリーバ広場・アポロの泉

Loader Loading...
EAD Logo Taking too long?

Reload Reload document
| Open Open in new tab

ダウンロード [495.43 KB]

「失語症者向け意思疎通支援事業」とは?

参加申込書はこちら

失語症者向け意思疎通支援事業

障害者総合支援法に基づき、市町村や都道府県が実施主体となり、地域の実情や障がい者の状況に応じて行う「地域生活支援事業」として行われるもので、失語症者が地域の中で安心して暮らせるよう、外出に同行したり、公共交通機関や他者とのコミュニケーションにおける援助のできる人材育成を目指すものです。

失語症者向け意思疎通支援者になるためには、ある一定の講習会を受講して頂く必要があり、終了後には県の名簿に登録して頂く必要があります。

当宮崎県言語聴覚士会におきましても今年度より宮崎県より委託を受け、本格的な育成事業展開に向け、活動に取り組んでおります。

訪問リハビリテーション通信「絆」第53号

訪問リハビリテーション通信「絆」第53号が公開されました。

ぜひお読みください。

訪問リハビリテーション通信「絆第53号」

訪問リハビリテーション通信「絆」第52号

訪問リハビリテーション通信「絆」第52号が公開されました。

ぜひお読みください。

訪問リハビリテーション通信「絆第52号」

訪問リハビリテーション通信「絆」第51号

訪問リハビリテーション通信「絆」第51号が公開されました。
ぜひお読みください。
訪問リハビリテーション通信「絆第51号」

宮崎県高齢者総合支援センターのご案内

宮崎県高齢者総合支援センターは、市町村や地域包括支援センター等に対し専門的な支援を行うとともに、高齢者虐待の防止、成年後見制度の活用など権利擁護などについても支援を行うことにより、高齢者がその有する能力に応じ自立した生活を営むことができるように、介護、予防、医療、生活支援、住まいの5つのサービスを一体的に提供する「地域包括ケア」の推進を支援します。

宮崎県高齢者総合支援センターについては、以下のパンフレットをご参照ください。

Loader Loading...
EAD Logo Taking too long?

Reload Reload document
| Open Open in new tab

ダウンロード [659.87 KB]

訪問リハビリテーション通信「絆」第50号

訪問リハビリテーション通信「絆」第50号が公開されました。
ぜひお読みください。
訪問リハビリテーション通信「絆第50号」